ムーミン谷の彗星

ムーミン谷の彗星

最近、トーベ・ヤンソンのムーミン物語を続けて読んでいます。
以前TVで見た記憶はありますが、あまり面白みを感じませんでした。
ところが、このところ、b**kー*ffとやらに通うようになって、
偶然にも、こちらの物語たちに出会うことになりました。
読んでみたら面白いのなんのって、癖になりそうです。
私が、「もう一度読んでみようかな。」という気分になるのは少ないんです。

なんといっても、登場人物のキャラクターが面白い。
面白いというより、良いも悪いも関係なく描写されている人物像が魅力的に感じます。
病的に神経質だったり、わがまま、頑固、自己中心、・・・・・
それぞれ違った性格の持ち主が、ぶつかり合いながら上手くやっていく。
この面白さは、読んでみないと分かりません。

それから、心に残って離れないような名言があるんです。
今回は、名言というよりムーミントロールの考え方の素敵なところです。

「ムーミン谷の彗星」トーベ・ヤンソン 下村隆一訳(講談社文庫)からの抜粋
<地球に彗星が接近していて、地球が暑さで干上がっています。>


b0155640_1502712.jpg前略・・・彼は、ひあがった海の底を、じっと見つめていました。彗星の赤い光に照らされていますが、ものかげはすべて、ベルベットのように黒かったのです。
 ムーミントロールは、気味の悪い風景を見ながら、考えました。
(あんな火の玉がとんでくるのを見て、地球は、どんなにこわがっていることだろう。ああ、森や海や、雨や風、そして日光や草やこけ、ぼくはどれもすきでたまらない。あれがみんななくなったら、ぼくはとても生きていられないな)
 けれども、やがてこう考えなおしたのでした。
(きっと、みんなどうやったら助かるか、ママが知ってるよ)













「ムーミン谷の彗星」を紹介させていただいています。
実は、最近、近所の雑貨屋さんで見つけてしまったんですよ。
皆さんもご存じでしょうが、ムーミンのマグカップ。
こんな素敵なのもあるんですね。
これも、「ムーミン谷の彗星」からです。

b0155640_202115.jpg


b0155640_204246.jpg


b0155640_205968.jpg


b0155640_212129.jpg




こんな素敵なマグカップが他にもあるようです。
集め始めそうで、こわいなぁ・・・・・
[PR]
by hydrangeas1 | 2012-12-19 02:06 | lately