2008年 10月 25日
チベット自治区・ラサ(1)
深夜に成都に到着。
空路ラサへ、接続便があるはずだったのに、・・・なかった。
次の便までの5時間程度を、空港で過ごすことになりました。
ホテルに宿泊するにはもったいないし・・・
でも、この待ち時間が辛かった。
寒さと睡魔に襲われて、知り合ったばかりの友人と語り合いながら過ごしました。

ラサ空港に着いたときはへとへとで、私の頭もカメラの調節もぼっけぼけでした。
標高が3700mぐらいあり、空気は薄いし、太陽光線が強くてまぶしいし。
b0155640_084927.jpg


道路を歩いていると、見たことないような風景に"どきり"としました。
見慣れてくると、感覚が鈍っていくんですが、
何度も見かける、馬でも牛でもないヤクという家畜に???
b0155640_026857.jpg


市街地の入口にさしかかって、目の前に突然現れたのがポタラ宮。
b0155640_0312091.jpg


広いんです。
歩いても歩いても、全体がレンズに収まらない。
撮影場所を決めるのにひと苦労でした。
b0155640_0363755.jpg

[PR]

by hydrangeas1 | 2008-10-25 00:42 | チベット自治区・ラサ | Comments(11)
Commented by hitatinotono at 2008-10-25 02:33
素晴らしい光景ですね!
特にラストは豪華客船の様でもあり・・・?
自転車ですか・・・左下は?
Commented by oldsan at 2008-10-25 07:26
フィルムカメラの味でしょうか。
コントラストが素晴らしいですね。
最後は広角レンズが欲しいところでしたか。
Commented by borancha at 2008-10-25 18:25
街のすぐ近くにごつごつした岩山が迫っているんですね。
宮殿は岩山を上手く利用して建てられたのですか?
それとも平地に石を積み上げて要塞風にしたのでしょうか。
勇壮かつ長閑な風景ですね。

ここまで書いてしまってから、気になってちょっと調べてみました。
「ポタラ宮は1642年、チベットの中心地ラサのマルポリの丘の上に十数年をかけて建設された宮殿。標高3,700mに位置する。ポタラの名は観音菩薩の住むとされる補陀落のサンスクリット語名"ポタラカ"に由来する。」
Commented by hydrangeas1 at 2008-10-25 21:08
hitatinotonoさんへ
自転車です。
あまりに広いんで、一度自転車を借りたことがありました。
空気が薄いんでこぐのが大変でした。
裏道は凹凸が激しく、押して歩くことになり、観光は徒歩で移動することが多かったです。
豪華客船のようにも見えますね。

Commented by hydrangeas1 at 2008-10-25 21:28
oldsanさんへ
このころはコダクロームを使っていました。
旅の思い出が、スライド用のポジの状態で大量に残っています。
昔は気にもとめなかった画像が、今見てみるといいなと思ったりします。
感じ方が変わったんですかね。

ところで、ネガ写真の画像をCD等に保存してくれるサービスがあるようですが、
ポジは出来ないのでしょうか・・・?
Commented by hydrangeas1 at 2008-10-25 22:07
boranchaさんへ
街のすぐ近くにごつごつした岩山が迫っている・・・、ネパールに向かう途中のシガツエという町のがすごかったです。
ポタラ宮は縦にも横にも大きかったです。
一度迷子になったら、発見される頃は干涸らびてそうでした。

調べてくださってありがとうございます。
標高3700mありましたか。
お恥ずかしいことに3400m位とずっと思いこんでいました・・(苦笑)
直させていただきますね。
Commented by hydrangeas1 at 2008-10-25 22:09
oldsanさんへ
広角の28mmで撮ったんですが、それでも入りませんでした。
もっと広いのが欲しかったですね。
Commented by borancha at 2008-10-26 00:10
記事中に標高が書かれているとは気が付きませんでした。
違っているよ・・なんて指摘するつもりは全く無く、調べたままを書いただけでした。
3400mで正しいのかもしれませんよ(ーー;)
Commented by mstgn at 2008-10-26 11:10
標高3700mというと富士山に
上ったときの頃を思い出しますね.

「高山病」。
本当につらかった!

p.s.何だか、すっきりしない週末ですね。
Commented by hydrangeas1 at 2008-10-26 22:15
boranchaさんへ
ネット上では3700mだけでなく3650mというのもありました。
でも、どれが正しいのか分かりません。
場所によって違うんでしょうね。
ラサ空港からバスでずいぶん登ったように思いますし。
でも、ありがとうございました。
Commented by hydrangeas1 at 2008-10-26 22:26
mstgnさんへ
成都より同便でラサ入りした一人は、高山病で3日間寝込み、
「酸素ボンベがなくなった。」と言いながら、帰って行きました。
私はホテルで出会った元気な人たちと一緒に、バレーボールなどをしていました。
高山病も人によっては全然影響がないようでした。
血圧の高い人は辛いのでしょうか(?)


<< チベット自治区・ラサ(2)・・...      万里の長城・北京~嘉峪関 >>