オスロ

オスロ(1)

4日目の夕方、オスロへ飛びました。
30分強のフライトでしたが、窓から見えるのは雲海です。
ノルウェーは雨が多いと覚悟していましたが、それでも下界では、雨らしき雨にはほとんど遭えませんでした。


b0155640_2149984.jpg





無事、オスロ・ガーデモエン国際空港に着きました。
着陸時のこの翼、感動します。
必死に仕事をしているのが分かります。

b0155640_2213151.jpg




空港からオスロ中央駅まで高速列車を利用しました。
発車時刻まで時間がなかったため、駅員さんが自動発券機でのチケット購入を勧めてくれました。
クレジットカードでの支払いが出来て、簡単すぎるので戸惑う感じでした。

オスロ中央駅に着きました。
重いスーツケースを引っ張って、出てきたのが駅前広場です。
今夜宿泊するホテルが目の前に見えました。
良かったあ、とホッとする一瞬でした。

まだ明るいですが、午後8時半ぐらいなんですよ。


b0155640_22242689.jpg







日が変わって市内観光です。
ホテルを出て最初に見えたのが「オスロ大聖堂」
11時オープンなので、入らずに先に進みました。

b0155640_8372852.jpg





こちらは衣料品を扱っているお店です。
オーレスンにもありました。
日本のユニクロみたいなもので、寒かったために夫がセーターを購入したところです。

b0155640_22371810.jpg





市街地を歩いています。
カール・ヨハン通りですが、オーレスンより、建物の装飾が凝っています。
お洒落というより華やかな感じです。

b0155640_2243288.jpg
    

b0155640_22435117.jpg


b0155640_22443356.jpg







銅像もあちこちにありました。
こちらは画家のクリスチャン・クローグです。
広いオスロの市街地を歩いていて、偶然見つけて撮影しました。
このあと、美術館で彼の絵を見ることになりました。

b0155640_820378.jpg







こちらは「人形の家」の作者イプセンが、ランチを楽しんだというホテルです。

b0155640_821192.jpg





国立美術館に着きました。
ムンクの絵が見られることから、ドキドキしていました。

b0155640_821581.jpg




入って感じたことは、展示品の多いことです。
一日中でも見ていられるほど沢山ありました。
途中で見つけたのが、クリスチャン・クローグの絵です。

b0155640_8231328.jpg






日本提灯というタイトルの絵でしょうか?
オダ・クローグ作とありました。
日本人なのでしょうか?

b0155640_8235572.jpg





クリスチャン・クローグ作のオダ・クローグのポートレートも見つけました。
近くの警備員に聞いてみましたところ、
オダ・クローグはクリスチャン・クローグの奥さんだそうです。
でも、日本人ではないということでした。

b0155640_8243778.jpg





警備員の方も親切に教えてくれました。
私が日本人であることが分かったようで、突如「すみません」の日本語がとびだし、驚きました。
とてもフレンドリーな方でした。




なんといってもメインはこちらです。
写真が撮れないので、絵はがきを購入してきました。

ムンクの「叫び」です。

b0155640_8283282.jpg



こちらもムンクです。「思春期」

b0155640_8285284.jpg



ムンクの絵は、「マドンナ」や「たばこを持つ自画像」など、まだまだ沢山あったのですが、
絵はがきとして購入できたのは一部に過ぎません。
紹介できないのが残念です。




他にも有名な画家の作品がありましたので、UPしたいと思います。

モジリアーニ
b0155640_8303526.jpg





ピカソ
b0155640_8305578.jpg





ゴッホ
b0155640_8312247.jpg





オリジナルを見られるのは、本当に幸運です。
幸せいっぱいの午後でした。



次回は王宮の方を回ります。
[PR]
by hydrangeas1 | 2010-09-25 00:38 | デンマーク・ノルウェー | Comments(9)
Commented by taya10232005 at 2010-09-25 09:35
午後8時半でこの明るさ!
白夜というのはこういう感じなんですね。
なんか夜更かししてしまいそう・・・(笑)
どの建物もこれ見よがしに装飾してますね。
ビル自体が芸術なんでしょうね。

「叫び」を目の前にしたらほんとドキドキでしょう?
遠い距離を越えて行った甲斐ありましたね(^-^)
Commented by sacromonster at 2010-09-25 14:48
オスロの町は、素通り同然、殆ど記憶にありません。
白夜で夜は10時頃まで明るかったのは印象的でした。
24年も前のことですから、もう忘れてしまった事が多いのです。

ムンクの 「叫び」 にお目にかかったのは久しぶりです。
この絵は、日本にも良く来ていますね。
どの絵も懐かしさを感じます。
モジリアーニの絵は、このブログで見ると、色彩感覚のよさが
良く分かります。
楽しい記事でした。有難うございます。
Commented by fukugafukuro58 at 2010-09-25 21:53
古き良き街並みですね。
このまま残して欲しい街並みです。
素晴らしい画像の数々、有難う御座います。
Commented by hydrangeas1 at 2010-09-26 20:34
tayaさん こんばんは。
ただでさえ時差ぼけで辛いのにです。
夕食をとったら、明日の用意をしてさっさと寝る。
そう決めて過ごしていました。
一日を振り返ってメモをとっていましたが、気が付いたら寝ていることが多かったです。

海外では美術館や博物館めぐりが多いんです。
子どもが小さかったときは動物園めぐりでしたけど。
有名な絵の前は人だかりでしたね。
Commented by hydrangeas1 at 2010-09-26 20:51
sacromonsterさん こんばんは。
オスロはノルウェーの首都ですから、行ってみようということになったんです。
きらびやかで、見るところも多かったですが、地方都市のが好みですね。
ホテルのフロントで、エレベーター内で人と出会って、レストランのスタッフと・・・
大都会と地方都市では肌で感じるものがちがいます。
sacromonsterさんは美術館めぐりをまめにされているようですから、
目も肥えていらっしゃるのでしょうね。
私の場合、日本で最後に見たのは、「レオナルド・ダビンチ」の「モナリザ」が来たときです。
絵は好きなんですけどね。
Commented by hydrangeas1 at 2010-09-26 20:54
海王さん こんばんは。
私たちにはきらびやかに見えますが、古い様式ですよね。
でも、私の好みでもあるんです。
ベルギーのブルージュやブリュッセルでも、
きれいな町並みに惚れ惚れしました。
Commented by hitatinotono at 2010-09-27 18:17
素晴らしいショットの数々ですね!!
オスロのtonoになりたいですね~~~マジ(^^。
Commented by hydrangeas1 at 2010-09-27 23:18
tonoさん こんばんは。
オスロの王様には、お会いできませんでした。
残念ながら。
ただ、カシャカシャ撮っているだけの私と違って、
tonoさんなら素晴らしいショットが期待できますよね。^^
Commented by 有馬記念 at 2010-12-16 11:44 x
第55回 有馬記念 2010 最後は勝ち馬券で新年を迎えたいですよね。私達からお客様への、クリスマスプレゼントとしての情報です