ゴブラン織りのタペストリー

私もブログメイトに刺激を受け、アップします。
ブリュッセル最終日に空港で購入しました。
旅をしても、最近はあまり買い物をしません。
帰ってから、もっと買ってくれば良かったなー、って思います。
だから、このゴブラン織りのタペストリー・「最後の晩餐」は、旅の思い出として、貴重なものです。
b0155640_0514289.jpg


階段上からとっていますので、角度を変えますと、こんな感じです。
しかし、本物を見たいですね。
「ダビンチ・コード」を思い出します。
b0155640_11317.jpg

[PR]
by hydrangeas1 | 2008-12-19 01:02 | オランダ・ベルギー | Comments(26)
Commented by sacromonster at 2008-12-19 19:28
こんばんは
素晴らしいゴブラン織りですね。素敵!!今、何気なくブログを開いて
驚いています。良いものを記念にお求めになりましたね。
私はイタリーのミラノの教会(サンタ・マリア・ディグレッツェ教会??)でこれを見ています。
キリスト教に就いて何も知識がないのが残念ですが、レオナルド・
ダビンチの傑作 『最後の晩餐』 ですね。
Commented by hydrangeas1 at 2008-12-20 22:48
sacromonsterさん こんばんは。
ありがとうございます。
名画なんて手に入らないわけですから、、こんな形ででも芸術鑑賞を、と思いました。
「ダヴィンチ・コード」の本を読んで映画を見た、その夏に旅先で見つけたのです。
絵の中のイエスとマリアのこと・・・、興味深かったですね。
イタリーのミラノですか。
ヨーロッパは2回目でしたが、イタリーには行っていないですね。
機会を見つけて行きたいです。
Commented by kawazukiyoshi at 2008-12-21 12:40
貴重な思い出の品ですね。
つい衝動買いで買ってしまうお土産も
夏かいい大事な品に変わっていることて多いです。
今日もスマイル
Commented by candypop-m at 2008-12-21 14:33
旅の思い出と共にこうして飾られているって素敵ですね
ダビンチコード 謎が謎を呼び真実はいかに!!
私も「最後の晩餐」見てみたいです
Commented by sacromonster at 2008-12-21 18:09
こんばんわ
『最後の晩餐』の絵は3回目のミラノ往きでやっと見ることが出来ました。
イタリーは「修理中」  「工事中」が多くて、最初の2回はいつも修復中
でした。ガイドさんの話によると
3週間の工事と書いてあったら、大体3ヶ月かかることが多いそうです。
イタリーは芸術の国、、、国全体が美術館のような国、、、だから私は
大好きな国です。
Commented by hydrangeas1 at 2008-12-21 22:02
kawazukiyoshiさん こんばんは。
私は、考えて考えてやめてしまうことが多いんです。
衝動買いが出来ることは、そのものとの出会いみたいなものですよね。
そんな出会い、羨ましいです。
Commented by hydrangeas1 at 2008-12-21 22:04
candypop-mさん こんばんは。
ホントにイエスに子孫がいるのかな・・・?
いたらステキですよね。
Commented by hydrangeas1 at 2008-12-21 22:11
sacromonsterさん こんばんは。
国全体が美術館のような国・・・私の友達も言っていました。
昨年ですが、HISに行くとき、イタリーの航空券を頼むつもりだったんです。
でも、どういう訳でかオランダ・ベルギーに変わってしまいました。
イタリーの夏は暑いと聞いたからでしたかね。
夏以外に出かけたいと思います。
Commented by sacromonster at 2008-12-21 23:29
北部のイタリーはそんなに暑くなく日本くらいでしたよ。イタリアのことを
書いた本『ローマの休日』はローマに住み着いた女性のひょうきんな
感想文、もう一つは『ミラノの朝・・バールから』矢張り日本女性の書いた
本ですが、イタリア人とイタリア国の事が笑いながら読める
とても面白い本です、井上ひさしの『プロバンス紀行文』之もまた
笑いながらイタリーを理解できる傑作だと思います。今、家族で
回し読みをしている所です。楽しくひょうきんなイタリー人は
愛すべき人種だと思います。
Commented by hydrangeas1 at 2008-12-23 20:40
sacromonsterさん こんばんは。
お返事遅くなりました。
地球温暖化で昨夏は40度もあったようですが、
イタリア北部はそんなに暑くないのでしょうかね。
なんだか面白そうな本ですね。是非読みたいと思います。
注文しようかなと思いますので、詳細情報を教えてくださいますか?
Commented by oldsan at 2008-12-24 00:18
なかなか立派な織物ですね。
織物は、絵画や写真と違った味があって、好きです。
日本の織物も素晴らしいものがたくさんありますね。
Commented by sacromonster at 2008-12-25 22:43
こんばんは。お返事が遅くなりました。
訂正したい事があります。 ①井上ひさしの本は、『ボローニア紀行』
で出版社は「文芸春秋」です。
プロバンスはフランスでしたね。間違えて書き込みお詫びいたします。
② 『ミラノ  朝のバールにて』 宮本映子著  文芸春秋社です。
③『ローマの休日 』 岩田佐和子著 之は娘に貸していますので
出版社は後日お知らせします。②と③はイタリーに住んでいる
日本の女性が書いた本で私は②の・・・・・「ミラノ  朝のバールにて」が
一番面白いと思いました。宮本映子さんは、イタリー人と結婚してミラノで夫の経営するレストランを手伝いつつ、エッセイを書いている人です。
Commented by sacromonster at 2008-12-25 22:50
訂正、、、もう一度、、
『ローマの平日』が正しく『休日』は間違いです。
何回もの訂正、御免なさいね。  佳いお正月をお迎えください。
Commented by sacromonster at 2008-12-26 10:21
追伸
若し、これからイタリーを旅行なさるのでしたら、
「読んで旅する、世界の歴史と文化・・・・・イタリア・・・・」河島英昭監修
もとてもよい本です。写真入で分かりやすい本です。
河島氏は、東京外語大学の教授と本の裏表紙に書かれています。
Commented by hydrangeas1 at 2008-12-27 19:19
oldsan お久しぶりです。
もう年末ですね。
日本の織物も・・・
そうですね。
京都へ行ったときに『龍村錦』のテーブルクロスを求めてきました。
日本の織物もステキですよね。
大河ドラマ『篤姫』の衣装に魅入っています。
Commented by hydrangeas1 at 2008-12-27 20:15
sacromonsterさん 遅くなってごめんなさい。
26日までに提出しなければならない仕事があり、ふらふらでした。
今日、やっと年賀状が作れました。(お恥ずかしいことですが)

本のことありがとうございました。
ネットで注文しようと思っていたものですから、助かります。
すぐには旅行する予定はありませんが、イタリーにも南仏にも興味があります。
ずいぶん昔のことですが、プロバンスに移り住んだイギリス人の随筆集を読んだことがあります。
トリュフ捜しやワイン倉庫めぐりをしてみたいな・・・なんて、思っていたんですが、
家族にはなかなか理解してもらえません。
何時の日か行けたら・・・と思っています。
Commented by mstgn at 2008-12-28 10:29
ブルッセルの町は、たしかパリにおりる前に
空の上から見えたような・・・

(「違うかなぁ・・・?」)

p.s.今年もいよいよですね!
Commented by kawazukiyoshi at 2008-12-28 17:59
私の孫は「由樹乃」4歳のおしゃまさんです。
可愛いい
よいお年を
今日もスマイル
Commented by borancha at 2008-12-28 23:03
これが織物とは信じ難いほど精巧ですね。印刷でもなく、刺繍でもなく、
一本一本織りながら絵を作り上げるんですね。すごいなぁ。
何日かかるのでしょうね。
Commented by hydrangeas1 at 2008-12-29 18:00
mstgnさん こんばんは。
たぶんパリに下りる前であっていると思います。
mstgnさんのブログにパリがありますか?
後でおじゃまします。
Commented by hydrangeas1 at 2008-12-29 18:02
kawazukiyoshiさん こんばんは。
我が家の柚貴乃は、難しいお年頃です。
いつも叱られています。
良いお年を!
Commented by hydrangeas1 at 2008-12-29 18:05
boranchaさん こんばんは。
手織りであることを期待しているんですけど。
コンピュータによる機械織りだったりして、^^;
本当のところは知らないんですけどね。
Commented by kawazukiyoshi at 2008-12-30 15:53
おかしいですね。
いいとしましょう。
よいお年を。
今日もスマイル
Commented by hitatinotono at 2008-12-31 16:53
こんにちは~
今年は大変お世話になり感謝いたします~♪
来年も懲りずにお付き合いくださいね!
 ・・・良いお年をお迎えくださいませ・・・
Commented by hydrangeas1 at 2009-01-01 00:30
kawazukiyoshiさん ありがとうございます。
あっという間に新年を迎えてしまいました。
昨年はとてもいいお話をありがとうございました。
ことしも楽しみにしていますので、よろしくお願いします。
Commented by hydrangeas1 at 2009-01-01 00:33
hitatinotonoさん 良いお写真を見せていただき、勉強になりました。
今年もhitatinotonoさんでなければ撮れないショットを楽しみにしていますからね。
どうぞよろしく。